back number

タイトル 本の風

第6回 「やまもも」 

 「子どもの詩って、どうしてこう、いいんでしょうね」
 図書館司書の友人と、深くうなずき合った。手にしていたのは、高知県子ども詩集『やまもも』第39集『むてきの三人組』・高知県児童詩研究会編・高知新聞社から2015年に刊行されたものだ。
 持ち重りのするこの詩集は、1977年以来、毎年刊行されている。高知県内の子どもたち~保育園児から中学生まで~の、つぶやきや詩のアンソロジーである。
 まず、一編。

  あおばずく (小1女子)
 せんだんの木に
 あおばずくを 見つけたよ。
 目が、まるかった。
 下をむいて、
 くびを ぴょこぴょこ
 うごかしていた。
 わたしと 目があって
 びっくりしたよ

 まるでスケッチのような詩だ。大人の日常にはないような、ゆったりと柔らかなリズムを、うっとりと味わった。
 3年生になるとこんなことを思うのか、と楽しんだのは、次の一編。

  先生のかれし (小3男子)
 ぼくの先生は二十四才。
 先生はいつも細かいことでおこる。
 そんな先生にぼくは、
 「早くかれしつくりや。」
 と言う。
 二十四才でかれしおらん人は
 あんまりおらんと思う。
 七夕のたんざくにも書いてあげた。
 やさしくて、力持ちで、
 お金持ちの人がいいと思う。
 早くつくってね。

 思わず笑ってしまったり、はっとしたり、しみじみとしたり、6431編から選ばれた331編の詩は、どこから読んでもぐいっと引き込まれる。
 それに、大人が守るべき子どもたちから、逆にエネルギーを注がれた、笑顔で背中をどーんと叩かれた、そんな手応えがいくつも残り、なんだか元気が出てくるのだ。
 同時に、今どきの子どもは、などと軽々にネガティブな括り方をしてはいけないと、反省もさせられる。
 実は、この詩集は『子どもの本のもつ力』清水真砂子著・大月書店から2019年刊・の中で知った。
 清水氏が高知へ講演にゆかれ、帰りの車内でこの詩集をひらいたところ『すっかり夢中になって、乗り換えを忘れそうになるほど。自宅に着くまでの5時間あまりの楽しかったことといったらありませんでした』とあったのだ。これを読まずにいられようかと、すぐに入手して以来、ひとりで、また仲間たちとくり返し楽しんでいる。声に出して読むと、さらに楽しい。
 ところで最近、絵本作家の長野ヒデ子氏が、ある新聞記事の中でこう述べておられた。『子どもの絵って、ほれぼれしちゃう、素直な気持ちが伝わってくる。あんな絵が描けたらな、といつも思います』。詩も全く同じだと深くうなずいた。
 最後に今年の『やまもも』第45集『しゃぼん玉の空』から一編。

  変わった日常 (中2女子)
 当たり前が変わった
 周りを見てそう思う
 みんながつけている一枚の壁
 それはマスクだ
 つけていないと注意される
 つけていないと病気になってしまう
 苦しくても
 暑くても
 マスクをつけていないといけない
 マスク
 それは
 世界から当たり前というものを変えた

 鋭く、現実を切り取った詩である、大丈夫、壁はきっとなくなるから、と大人は子どもたちに約束しなければ。
 そして、詩を通して子どもたちからもらったエネルギーを、倍にして注いでやらねば、と思う。(む)

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート