ライン

もっとおいしく食べるには

ライン


変化する旬を味わう

 この春、筍料理を楽しまれた方も多いと思います。
 機会があれば筍掘りを体験するのも楽しいものですが、美味しく食べるには、即座に竹の皮をはいで、米糠を加えた汁で茹でてからしばらくアク抜きをしなければなりません。筍掘りをレジャービジネスとして営業しているところでは、掘り立てを刺身や蒸し焼きでも食べられるようですが。
 最近では、新鮮さと手軽さを提供し、なおかつ廃棄量を減らすため、真空パックの筍が多く出回っています。旬の醍醐味は薄れ、スーパーでも竹の皮をまとった筍を見ることは少なくなりました。
 「若竹汁」に代表される旬のものを取り合わせたメニューは、四季を楽しむ和食ならではと言えますが、真空パックのおかげで延長された筍を一歩前の旬のもの、一歩先の旬のものと合わせてみるのも面白いかもしれません。

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート