back number

連載エッセイ ROCK司書のセンチメンタル・ライブラリー 若園義彦

第13回 <お返しいただいた本が>

 図書館には「隠れた人気スポット」がいくつかある。
 今回、ご紹介したいのは「今日返ってきた本」コーナー。図書館をよく使われる方、お勤めの方は「そうそう」「あるある」かもしれないけれど、そうでない方は意外に思われるのではないだろうか。「新しい本」とかDVDとか雑誌コーナーじゃなくて?と。ええ、「隠れた」人気スポットですからね。

挿絵

 返ってきた本は、まず返却処理され、それぞれの本の所定の位置に戻されるまで、いったん「仮置き」される。その「仮置き」の場所が「今日返ってきた本」コーナーだ。
 返ってきた本たちは、たいてい「ブックトラック」という本を運ぶための什器に載せられて、書架の傍なんかに置かれている。「仮」だから、堂々とした場所ではない。どちらかと言うと申し訳なさそうに佇んでいるという印象すら受ける。「すみませんねえ、ちょっとおじゃましております」とでも言いそうな風情だ。
 そこに人が寄ってくる。さすがに、行列ができる、というほどではないものの、なぜかいつも、誰かがそこにいる。「何か面白い本はないかな」と探していたり、がっつりと本の世界に没入していたり、と様子はそれぞれだけれど、とにかく人が立っている。

 人気の理由を考えてみる。本の分類が正規(?)の書架ほどきっちりとされていなくて、いろいろなジャンルの本を眺められる面白さか。「普通の棚」でない場所にある、その独自の存在感か。しかしやはり一番は「最近誰かが借りた本」が並んでいるから、だろう。
 人気の本、ベストセラーは予約がたくさんついていて、なかなか借りられないけれど、ここには「少なくとも誰かが、最近手に取った本」が並んでいる。その「誰か」にちょっとだけ「おすすめ」「リコメンド」してもらっている感覚がある。
 必ずしも「私の人生を変えた一冊」「自分の読書史に残る傑作」ではないかもしれないけれど(そういう本である可能性もある!)、もしかしたら「あんまり面白くなかったよ」かもしれないけれど(そういう本である可能性もある…)、少なくとも一度手に取ってみる価値はあるよ、と。

挿絵

 そこには、前にその本を借りた人とのコミュニケーションがあり、読者コミュニティとでもいうべきものの萌芽がある。そこで本を借りていって、再び「今日返ってきた本」コーナーにその本が並ぶことで、あなたも誰かにちょっとだけ「リコメンド」することになる。

 誰ともひと言も話さなくても(話せばもっと楽しいかも!)、本を借りて返すだけで誰かとコミュニケーションができる。図書館はそんな場所だ。
 本を返してくれた人たちに(まあ一応、心の中で)こんな言葉をかけたりする。
 「お返しいただいた本が、次の誰かの背中を押すかもしれませんよ」

Copyright (C) yukensha All Rights Reserved.

design テンプレート